嗅ぐだけで女性ホルモンを増やすアロマ。どんなものを使えばいいの?

aroma

アロマを嗅ぐだけでバストアップ効果や生理不順などに効果のある女性ホルモン・エストロゲンが増えることがあるってご存知ですか?匂いを嗅ぐだけなのにエストロゲンが増えるのか、その理由と効能、そしてどんなアロマを使えばいいのか、ご紹介します。

ホルモンバランスを整えるアロマ

いい香りでリラックス効果を生むアロマテラピー。実はアロマの中には女性ホルモンのバランスを整えてくれる効果があるものがあるようです。うまく活用することでバストアップ効果を助けたり、生理不順、月経前症候群(PMS)の症状を緩和してくれるものがあるようなのです。いったいどのようなメカニズムでホルモンバランスを整えてくれるのか、見ていきましょう。

アロマの効能

それでは、なぜアロマに効果があるのか、またアロマにどのような効能があるのかを見ていきましょう。

なぜアロマに効果があるのか

アロマとは植物から取った精油を使用することが多いです。精油による香りは鼻腔内で感じ取られた後、神経を伝って電気信号として脳に直接送られます。特に脳の中の視床下部、下垂体、大脳皮質へと伝達して、どのような香りなのかが判断されるのです。

 

つまり、香りというのは直接脳に影響を与えることが出来ると言われています。特に視床下部は自律神経やホルモン伝達を司る部分と言われ、そこにダイレクトに伝わることにより、非常に効果に即効性があるようなのです。

自律神経を整える

視床下部に到達した香りによって、自律神経が整えられるという効果があるようです。視床下部は下垂体に女性ホルモンを出すように指示を送る働きをしています。指示を受けた下垂体は卵巣に性腺刺激ホルモンを送り出し、それを受けた卵巣が女性ホルモンを分泌する、というメカニズムになっているそうです。

 

したがって、自律神経が整うと視床下部から女性ホルモンの分泌を促す信号がスムーズに出され、女性ホルモンの分泌が増すということなんですね。

ストレスを受けるとホルモンバランスが崩れる

視床下部はストレスによる影響を受けやすい部位だということが知られています。ストレスを受けることにより自律神経が乱れてしまうと、視床下部からホルモン分泌の指示が出せなくなってしまい、ホルモンバランスが崩れていってしまうのです。アロマによってリラックスをすることで視床下部の活動が活発になっていきますから、女性ホルモンもどんどん増えるということのようです。

女性ホルモンの分泌を促してくれるアロマ

それでは、どんなアロマを使えば女性ホルモンの分泌が促されるのでしょうか。効果的なアロマをいくつかご紹介します。ぜひ日常生活の中で取り入れてみてくださいね。

ジャスミン

お茶としても飲まれることの多いジャスミンの香りはとてもなじみ深いものですね。実はアロマオイルとしては非常に高価なのですが、強い香りが持続するので、少量ずつ使っても十分な高価があるそうですよ。ジャスミンの香りは多幸感を感じさせると言われています。女性ホルモンにも作用してくれる他、分娩を促す効果があると言われており、出産の際に使われる香りとしても知られています。

ラベンダー

北海道のイメージが強いラベンダーですが、アロマとしては非常に人気の高いオイルです。爽やかな香りでリラックス効果やホルモンバランスを整える効果があるとされています。非常に万能なタイプのアロマで、頭痛や肩こり、むくみなども改善すると言われているほか、安眠効果もあるんだそうですよ。

ジンジャー

ジンジャーといえばショウガですね。料理でもよく使われますが、実はアロマオイルとして使われることも多いのです。ショウガを使った料理は体を温める効果があるとよく言われており、スープなどに使われることがよくありますが、アロマとしても同じように体を暖める効果があるそうです。

冷えは女性ホルモンのバランスを崩すことがありますから、ジンジャーは体を温めることによりホルモンバランスを整えたり、血行を良くすることで免疫力を高めたりする効果があると言われています。

カモミール・ジャーマン

カモミール・ジャーマンのアロマオイルは「アズレン・ブルー」と呼ばれる青色をしています。この青色のもとになっているアズレン(カマズレン)とはアレルギー対策、抗炎症作用などがあり、医薬品としても使われているんだそうですよ。

 

カモミール・ジャーマンには学名の中に「子宮」を意味する「Matricaria」という言葉が入っており、古くから女性の悩みに使われたことを意味しているようです。また、カモミール・ジャーマンの香りは精油としても使われていますが、ハーブティーとしても多くの人に愛飲されているようですね。あの「ピーターラビット」のお話の中でもカモミール・ジャーマンのハーブティーが出てくるそうですよ。

ネロリ

ネロリはビターオレンジの花から取れるアロマです。ストレスや不安などを取り除く効果があるということが知られています。ストレスや不安がなくなればリラックスすることが出来ますね。心の状態を落ち着かせ、自律神経を整えてくれるようです。女性ホルモンへの作用もよく知られているアロマです。

 

また、催淫効果もあると言われているので、恋人との大切な時間を過ごす時に使ってみては?

ローズオットー

ローズオットーとはダマスクローズというバラから取ったアロマオイル。特に水蒸気蒸留法で抽出したものを「ローズオットー」と呼びます。何と50本のバラの花から1〜2滴程度しか取れないと言われる貴重なアロマオイルだそうです。

非常に華やかな、深みのある甘い香りが魅力的です。アロマテラピーサロンなどでも用いられ、ホルモンバランスを整えてくれる効果があるとされており、月経前症候群(PMS)、生理不順、更年期障害、不妊対策などに使われるアロマです。

イランイラン

イランイランは催淫効果があるということで有名なアロマです。独特の甘い香りはセクシーさを感じさせるとよく言われます。実はリラックス効果の高いアロマとしても知られていますし、もちろん女性ホルモンの分泌を促す効果があるそうですよ。不妊にも効果があると言われています。

アロマを使用する上での注意点

アロマを使用する上で注意したい点はどのようなものがあるのか、見ていきましょう。安全で効果的な使い方をするとよいですね。

使用量

アロマオイルの中には使い過ぎると頭痛が起こるものや、気分が悪くなってしまうものがあります。香水などでも強すぎる匂いはちょっと・・・という人も多いですね。使用量はほどほどにしつつ、アロマオイルに書かれている使い方を守るように心がけましょう。

ハンカチなどに直接ふりかける場合や、ディフューザーで使用する場合は1〜2滴が適量とされています。お風呂に入れる場合は3〜5滴が上限だそうですよ。

天然のものを使う

アロマオイルの中には合成のものもありますが、天然の原料を使った物を使うようにしましょう。100%天然かどうかをちゃんと確認した上で使わないと、思わぬ副作用などが出ることもあるかもしれません。

気分が悪くなったら換気をする

使いすぎによって気分が悪くなってしまったりすることがあります。香りによっては、自分に合わないということもあるかもしれません。気分が悪くなったら無理せず換気するようにしましょう。

まとめ

好きなアロマでリラックスするだけでなく、女性ホルモンが活発に分泌される体内環境づくりをしていくことで、バストアップや女性特有の生理についての悩みを解消できると良いですね。もちろん、安全な使い方をすることでより良い効果があると言われていますから、使い方にも注意してくださいね。

思春期に胸が成長しなかった人ほどチャンス?ラクトゲン受容体を活性化させて胸を大きくする方法

shokuji

バストアップするために必要な「ラクトゲン受容体」という器官をご存知ですか?この器官が活性化することによってバストが大きくなるんです。思春期に胸が成長しなかった人も、今からがバストを大きくするチャンスが来るかもしれません。

ラクトゲン受容体って?

ラクトゲン受容体とは、バストアップに欠かせない女性ホルモンや成長ホルモンを受けるためのレセプター(受け皿)です。女性ホルモンや成長ホルモンはバストを大きくさせる効果がありますが、このラクトゲン受容体というレセプターがなければ、うまく働くことができません。

 

バストアップのために女性ホルモンを増やす効果のあるサプリメントなどがありますが、ラクトゲン受容体がないと機能することができないため、バストアップにつながらなくなってしまいます。ラクトゲン受容体の数には個人差があり、バストアップサプリを飲んでも胸のハリを感じられない、という人はラクトゲン受容体が少ない、あるいは無いという可能性があります。

 

【ラクトゲン受容体とは】

  • 女性ホルモンや成長ホルモンのレセプターである
  • ラクトゲン受容体がホルモンを受け取ることで作用することができる
  • ラクトゲン受容体の量は個人差がある
  • ラクトゲン受容体が無いとバストアップできない

ラクトゲン受容体は増やすことができるの?

それでは、ラクトゲン受容体は増やすことが出来るのでしょうか?

できない

ラクトゲン受容体の数は個人差があり、多い人や少ない人がいます。しかし、残念ながら増やすことはできません。だからと言ってショックを受けすぎないでください。ラクトゲン受容体が少しでもあれば、それを活性化する方法があるのです。

活性化させることはできる

ラクトゲン受容体は増やすことはできませんが、活性化することはできるようです。ラクトゲン受容体が活性化することにより、女性ホルモンや成長ホルモンを受けた時の反応が強くなり、バストアップ効果を高めることができるのです。

 

通常であれば13歳から17歳の間に成長ホルモンの分泌が多くなるため、その期間にラクトゲン受容体ができていれば、順調にバストが大きくなると言われているのですが、その時期を過ぎてからラクトゲン受容体ができる人もいるそうです。そういった場合には成長ホルモンスプレーなどを利用してバストアップを行うことができるようです。

ラクトゲン受容体を活性化させる食べ物と成分

ラクトゲン受容体がある場合には、成長ホルモンを多く分泌させることによって、ラクトゲン受容体が活発にホルモンを受け入れようとするため、受容体を活性化させることができます。それでは成長ホルモンを多く分泌させる食べ物や成分とは、どんなものがあるのでしょうか。

L-アルギニン

L-アルギニンは成長ホルモンの分泌を促進することで知られている必須アミノ酸の一つです。エナジードリンクやアスリート向けのサプリメントなど、力強い方面で使われることが多いです。成長ホルモンの分泌が促進されることにより、筋肉の増強、アンチエイジング、血流改善などといった効果があるそうです。1日あたり2,000mg〜4,000mg程度を摂ると良いと言われています。

 

【L-アルギニンを含む食材】※100gあたり

  • 大豆:2,570mg
  • イカ:1,460mg
  • ハム:1,300mg
  • 牛肉:1,200mg
  • アジ:1,140mg
  • チーズ:1,060mg
  • 鶏の卵:810mg
  • 豚肉:800mg

L-オルチニン

L-オルニチンも成長ホルモンの分泌を促す作用があるため、ラクトゲン受容体を活性化させてくれることができるようです。それ以外にも、肝臓の機能を助けてくれる働きがあるそうです。1日あたり400mg〜1,000mg程度を摂ると良いようです。ただし、食材に含まれているL-オルニチンは少量なため、サプリメントで補うというのも良さそうですね。

 

‘【L-オルニチンを含む食材】※100gあたり

  • しじみ:10〜15mg
  • えのきだけ:12mg
  • マグロ:2〜7mg
  • チーズ:0.7〜0.8mg
  • ヒラメ:0.5〜0.4mg

トリプトファン

トリプトファンは必須アミノ酸の一つで、成長ホルモンの分泌を促す作用があるほか、体内時計を調節し、安眠を促してくれる効果があると言われています。成長ホルモンを始めとするホルモンは夜10時から深夜2時ごろに一番多く分泌されると言われていますから、睡眠を促すことでも成長ホルモンの分泌を助けることになっているのです。1日あたり6,000mg以下を摂ると良いようです。

 

【トリプトファンを含む食材】※100gあたり

  • すじこ:331mg
  • ひまわりの種:310mg
  • プロセスチーズ:291mg
  • たらこ:291mg
  • 糸引納豆:242mg
  • 赤身魚:200~250mg
  • アーモンド:201mg
  • そば:192mg
  • 肉類:150~250mg
  • 白米:89mg
  • 豆乳:53mg
  • ヨーグルト:47mg
  • 牛乳:42mg
  • バナナ:10mg

ラクトゲン受容体の成熟が遅い人

ラクトゲン受容体の成熟する時期は個人差があるそうです。多くの人は13〜17歳の間に成熟しますが、人によっては20歳を超えてから成熟する人もいますし、遅いケースでは30歳を超えてから成熟を始める人もいるようです。

 

思春期にバストが大きくならなかった人は、ラクトゲン受容体の成熟が遅かった可能性があります。そのため、バストアップをあきらめず、成長ホルモンスプレーや成長ホルモンの分泌を促す食材を摂るなどの努力をしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

バストアップには女性ホルモンや成長ホルモンが必須ですが、それらの効果を出すためにはレセプターであるラクトゲン受容体が必要です。ラクトゲン受容体を活性化させることで、大人になってからでもバストが大きくなる可能性がありますので、あきらめずにバストアップに励みましょう。

バストを大きくする秘訣は乳腺にあった!胸を大きくする方法まとめ

バストアップには乳腺が大切!って言われても、何をどうすれば乳腺にいい影響を与えるのかわかりませんよね?でも大丈夫!バストアップと乳腺の関係、そしてどうすれば乳腺に良い影響を与え、バストアップがうまくいくのかを、アナタにだけお教えします!

バストアップしたいと思うけれど……

バストアップは女性の悲願。それでは、どうすればバストが大きくなれるんでしょうか?それには、バストの作りやバストアップのメカニズムを知っておく必要がありますよね!そのうえでバストアップに効果があると言われることをやっていけば、効率よくバストアップができますよ。

乳腺と脂肪の関係

乳腺を発達させることがバストアップの近道

バストは9割が脂肪、残りの1割が乳腺でできています。この乳腺を大きくすることでバストが大きくなっていくんですよ。乳腺の割合を1から2にすることで、乳腺の周りを取り囲んでいる脂肪は9からなんと18にアップ!単純計算するだけでもかなりのバストアップができそうですよね!どうすれば乳腺が大きくなるのか、知りたくなりませんか?

エストロゲンと乳腺の関係

実は、バストアップには女性ホルモン「エストロゲン」が絶対に必要なんです。どうしてエストロゲンがあるとバストアップできるのか?乳腺とどんな関係があるのか?見ていきましょう。

エストロゲンでバストアップする理由

エストロゲンは「卵胞ホルモン」とも呼ばれ、卵巣で作られている女性ホルモンです。エストロゲンは女性らしく美しい体を作るのに役立っているため、「美容ホルモン」とも呼ばれているんですよ。「女性らしく、丸みを帯びた体やボディラインを作る」「髪の毛の量を増やす」「コラーゲンを生成し、肌の保湿力を高める」などといった効果があるんです。

そして、エストロゲンにはバストアップの効果もあります。実はエストロゲンには、乳腺を増やす効果があるんですよ。脂肪は乳腺を守る働きがあるため、乳腺が発達すればその周りにある脂肪もどんどん増えてきます。それによってバストが大きくなってくるわけです。乳腺が2倍になれば、バストの大きさも2倍になるということになりますね。

エストロゲンを増やすにはバランスが大切

ただし、エストロゲンばかりを増やすだけではいけないんですよ。女性ホルモンにはエストロゲンの他に「黄体ホルモン」プロゲステロンというホルモンもあります。どちらもバランスよく増やしていかないと、ホルモンバランスが崩れて体調不良が担ってしまったりするんです。

乳腺の発達を促す食べ物

それでは、乳腺の発達を促すためにはどのような食べ物を食べればよいのでしょうか?

イソフラボンを含む食べ物

大豆に含まれることで知られているイソフラボンというポリフェノールは、エストロゲンとよく似た構造や働きを持っているため、「植物性エストロゲン」として知られています。イソフラボンを含む食材を食べることで、体内にエストロゲンが増えることになるんです。

【イソフラボンを多く含む食べ物】

  • きなこ

  • 炒り大豆

  • 豆腐

  • 豆乳

  • 納豆

  • おから

  • みそ

ボロンを含む食べ物

「キャベツを食べるとバストが大きくなる!」というのがテレビ番組でも特集されたことがありますよね。実はこれは本当のことなんです。キャベツに含まれる「ボロン」という成分が、女性ホルモン・エストロゲンの分泌を促してくれるという効果があるんです。しかもボロンには、女性の乳房にある脂肪だけをピンポイントで増やしてくれるという素晴らしい効果もあるんです!ただし、ボロンは熱に弱いため、熱を通さずに食べる必要があるので気をつけてくださいね。

【ボロンを含む食べ物】

  • キャベツ

  • リンゴ、ナシ、ぶどうなどの果物

  • 干しぶどう(レーズン)

  • 寒天

  • 海藻(ワカメや昆布、ひじきなど)

  • ナッツ類(アーモンド、ピーナッツなど)

乳製品

バストを大きくするには、良質なタンパク質も大切!乳製品には動物性タンパク質がたっぷり含まれているため、バストアップには最適なんですよ。芸能人で「チーズを食べたらバストが大きくなった」という発言をした人もいるくらいです。それだけではなく、乳製品は美白にも効果があり、肌のバリア機能を高めてくれるといううれしい効果もあります。ついつい摂りすぎてしまいたくなりますが、脂肪分もかなり含まれていますので、気をつけてくださいね。

【乳製品】

  • 牛乳

  • ヨーグルト

  • チーズ

鶏肉

鶏肉もバストアップに必要な良質なタンパク質を含んでいます。もちろん牛肉や豚肉、魚などでも動物性タンパク質は取れるのですが、特に鶏のむね肉やささみ肉は余分な脂肪が入っていないため、とてもヘルシーですよ。

乳腺をより発達させるには……

乳腺をより発達させるためには、食べ物以外にどのようなことをすればよいのでしょうか?

ストレスの解消

ストレスが貯まるとホルモンが分泌されにくくなってしまいます。そのため、バストアップに必要なエストロゲンの分泌量が減ってしまうのです。適度な運動や入浴などによって、毎日のストレスをしっかり解消しましょうね。笑ったり泣いたりするのもストレス解消に良いですよ。

睡眠不足の解消

睡眠不足もバストアップの大敵です。ホルモンがもっとも分泌される時間は深夜の10時から2時までと言われています。その時間に起きていると、ホルモンの分泌量が減ってしまいます。ホルモンの分泌が減るとその分乳腺も発達できなくなってしまうんですね。しっかり寝るようにしましょう!

ナイトブラの着用

寝るときにブラジャーをつけていなかったり、あるいは昼間と同じブラジャーをつけていませんか?実はワイヤー入りのブラジャーは立っているときは良いですが、寝ているときにはバストに負担をかけてしまうのです。そのため、寝るとき用のナイトブラを着用するとよいですよ。バストの横流れや型崩れをしっかり防いでくれるため、乳腺の発達も妨げられません。

バストアップサプリの摂取

バストアップサプリにはバストアップに良い成分がたっぷり!特にイソフラボンやプエラリアと言った植物性エストロゲンが主成分になっているため、乳腺の発達には欠かせないんですよ。バストアップだけでなく、美容効果やダイエット効果のあるバストアップサプリもありますから、いろいろ比較して選んでみたいですね。

ツボ押しで乳腺UP

バストアップに効くツボというのもあるんですよ。ツボ押しをすることで乳腺に刺激を与えたり、血流やリンパの流れを良くすることでホルモンや栄養分がしっかりバストに届くようになりますよ!リフレッシュ効果もありますので、ストレス解消にも良いですよ。

バストアップにはどれくらいの期間がかかるの……?

バストアップに成功するためには、どれくらいの時間がかかるでしょうか?一般的に言われている期間としては「1カップ=2~3カ月」「2カップ=半年」ということですが、元々のサイズによってバストアップにかかる期間はまちまちです。もちろん個人差もありますから、すぐに効果が出る人もいれば、なかなか効果が出てこないという人もいます。ある程度の期間は継続することが大切です!たとえばバストアップサプリであれば、効果が出始めるのに1カ月程度、最低でも3カ月は続けたほうが良いと言われているんですよ。

最後に

バストアップをするためには乳腺を発達させることが必要になります。そのためには日々の食生活や生活リズムなどをしっかり見直していきましょう。女性ホルモン・エストロゲンの力を借りて、ばっちりバストアップを目指しましょう!