女性ホルモンと骨盤の関係性。骨盤矯正で胸は大きくなる!?

kosi現代人は骨盤が歪みがち、とよく言われますが、骨盤の歪みと「エストロゲン」(バストアップに欠かせない女性ホルモン)の分泌が大きく関わっているんです。骨盤矯正を行うことで、アナタの胸が大きくなるかもしれませんよ。

骨盤の歪みでバストが小さくなる!?

骨盤が歪むとバストアップしないどころか、バストが小さくなってしまう可能性があるんです。骨盤とバストはずいぶん離れた場所にありますが、骨盤は体の要になっている部分。しっかり関わりあっているんですよ。

バストアップサプリメントを飲んだり生活習慣の改善を行ってもバストアップが出来ない、という場合は骨盤が歪んでいるということが原因になっている可能性があります。骨盤矯正を行うことで、バストアップしやすい体作りをしてみませんか。

骨盤の歪みとバストアップの関係性

まずは骨盤の歪みとバストアップの関係から知っていきましょう。ちゃんと科学的な根拠があるんです。

骨盤が歪むと血液がうまく回らなくなる

手足などは日頃から活発に動かしているのですが、骨盤は体の中心にあるため、日頃から活発に動かすような場所ではありません。そのため、骨盤あたりは血行が悪くなりがちなのです。それに加えて骨盤がゆがんでしまうと、余計に血行が悪くなってしまうということが起こるのです。

バストアップに必要な栄養分は血液によって全身を巡っていますから、血行不良はバストアップの大敵だと言えるのです。

卵巣の栄養不足

骨盤は下半身と上半身をつなぐ場所にあります。そして骨盤は子宮とも靭帯でつながっています。骨盤が歪み、血行が悪くなってしまうと、卵巣まで十分な栄養が行き渡らないということになります。そのため、卵巣で作られる女性ホルモン「エストロゲン」が十分に分泌されない、ということが起きてしまいます。

エストロゲンはバストアップには必須の女性ホルモンなので、エストロゲンの分泌が妨げられるとバストアップができなくなってしまうのです。それどころか、バストが小さくなってしまう原因になります。

また、骨盤が歪んでしまうと、骨盤とつながっている子宮もねじれてしまいます。子宮がねじれてしまうことで、うまく体内に卵巣からの女性ホルモンが運ばれないということが起こってしまいます。

胸の栄養不足

骨盤が歪んでしまうと体を支えきれなくなり、その結果猫背になってしまいます。猫背になると背中を始めとした上半身の血行が悪くなってしまいます。猫背の人は腰痛は背中の痛み、肩や首のコリなどに悩まされていることが多いですよね。これは全て血行不良によるものなのです。上半身の血行が悪くなるとバストまで必要な栄養分やホルモンが届きにくくなってしまうのです。

 

さらに猫背になるとバストが小さくなってしまったり、形が悪くなってしまったり、垂れてしまったりと悪いことがたくさん。他にもぽっこりお腹になってしまうなど、良くないことだらけなんですよ。もったいないですね。

骨盤の歪みを治すには

それでは、骨盤の歪みを治すためにはどのようなことをすればよいのでしょうか。骨盤の歪みをとるような簡単なストレッチをご紹介します。

骨盤の歪みを治すストレッチ

骨盤が歪んでしまった後でも、ストレッチをすることで少しずつ歪みを取ることが出来ます。

 

その1 骨盤を中心に腰を回すストレッチ

  1. 足を肩幅くらいに開いて立つ
  2. 腰に手を当てて、腰を大きく回す。その際、上半身は出来るだけまっすぐに。
  3. 右回しと左回しを同じ回数行う

 

出来るだけゆっくりと、骨盤の動きに注目しながら行うと良いです。無理をしないように気をつけてくださいね。

 

その2 ブリッジの様に腰を浮かせるストレッチ

  1. 仰向けに寝る。
  2. 寝たままひざを立てる
  3. 腰を浮かせるように持ち上げる。背中から腰をぐっと浮かせるように。
  4. 20秒間キープ。
  5. 何回か繰り返す

 

腰を持ち上げすぎて傷めないように、無理のない程度に行いましょう。

 

骨盤の歪みを予防するエクササイズ

簡単にできる、骨盤の歪みを予防するためのエクササイズもお教えしますね。

  1. 背筋をのばして椅子に座る。
  2. 両足の裏が地面につくようにする。
  3. タオルなどを両ひざではさむようにしてキープ。
  4. 両サイドからしっかりと膝に力を入れること。

 

こうすることで、骨盤を支える「骨盤底筋」というインナーマッスルを鍛えることになります。骨盤底筋が鍛えられることによって、骨盤が歪みにくくなるという利点がありますよ。

猫背を治すストレッチ

とても簡単な猫背対策のストレッチをご紹介します。簡単なので、気がついた時にすぐ出来るというのがメリットですよ。

 

ドアを使った猫背矯正ストレッチ

  1. 開いているドアの枠に手を置く
  2. 体をゆっくりと前に倒す。手を離さないように!
  3. 足の位置は動かさないようにすること。
  4. 手でドアの枠をつかんだまま前のめりになることで背中が伸びる。

 

ドアのあるところであればいつでもどこでも出来るというのが最大のメリットです。家事の途中に取り入れるということも出来ますし、特別な服装などをしなくても出来るのが良いですね。

骨盤ショーツを履くのも一つの手

ストレッチやエクササイズが続かない、という人は骨盤を矯正するための「骨盤ショーツ」を履くというのも一つの手ですね。しっかり締め付けて骨盤が正しい形になるようにしてくれる上、歪みを抑えてくれるというすぐれものです。これであれば履くだけで大丈夫なので、エクササイズが毎日続けられない人でも手軽に骨盤矯正が出来ますね。

骨盤が歪まないように気を付けたいこと

日頃から骨盤が歪まないように気をつけながら生活していくと良いですね。骨盤が歪まないようにするには、足を組んで座ったり横座りをしたりしないことを心がけたり、重さが体の片側に偏らないようにするために、荷物を交互に持ち替えるということをすると良いと思います。

また、歩くときはお尻の穴をキュッと締めるように意識するとよいですね。大切なのは「体重を体の片側にかけないようにする」「日頃から姿勢を正して生活するようにする」ということです。エクササイズやストレッチなどを行うことも大切ですが、日常生活で気をつけるようにすることが一番の基本ですよ。

まとめ

骨盤が歪んでしまうと、姿勢が悪くなったり腰痛になったりするだけでなく、バストアップに必要な女性ホルモン・エストロゲンの分泌の妨げになります。バストが小さくなる原因にもなりますので、骨盤を常に意識しながら生活していきましょう。日常生活のちょっとしたことを気をつけるだけでも大きな違いになりますよ。