女性ホルモンを増やす魔法の材料。コレストロールを上手に摂ってバストアップする方法

burger

バストアップに必要な女性ホルモン「エストロゲン」を増やすのに、コレステロールが効果あり?コレステロールは決して悪い効果ばかりではないんです。女性ホルモンを増やすのにコレステロールが良いという理由をご紹介します。

バストアップにコレステロールがいい!?

コレステロールといえば、糖尿病や高血圧など生活習慣病の原因になったり、コレステロールを摂り過ぎると太る、などと言われています。健康にとってとても悪い影響を与えるという印象があります。ですが、バストアップをするためにはコレステロールが効果的、とも言われているんです。これは一体どういうことなのでしょうか?

バストアップにコレステロールがよい理由

バストアップにはコレステロールが良い、という理由を「コレステロールとは何か?」ということと、「バストアップをするのに必要な物は?」ということに焦点を当ててみていきましょう。

コレステロールには2種類ある

一口にコレステロールと言っても、「悪玉コレステロール」と言われるLDLコレステロールと、「善玉コレステロール」と言われるHDLコレステロールの2種類があります。

血液をどろどろにして高血圧や動脈硬化を起こしたりするのは悪玉であるLDLコレステロールの方。こちらは摂り過ぎると生活習慣病や肥満などにつながってしまうと言われています。

ただし、善玉であるHDLコレステロールが増えることは良いことなんです。HDLコレステロールはLDLコレステロールを血管から引き剥がし、肝臓まで導いてくれる役割を果たしているようです。そして、バストアップにとってもっとも大切な女性ホルモン「エストロゲン」を作る元になると言われていますす。エストロゲンが増えることでバストアップが出来るようになるのです。

エストロゲンはバストアップに必要な女性ホルモン

エストロゲンは女性ホルモンの一つ。女性らしく丸みを帯びた体を作ったり、美肌や美白、美しい髪を作るなどの効果があるため「美容ホルモン」とも呼ばれるのです。バストアップできるというのもエストロゲンの効果の一つと言われています

。エストロゲンは乳腺に働きかけて、乳腺を発達させる上、乳腺の周りの脂肪を増やす効果があります。エストロゲンがないとバストアップが出来ないという、とても大切なホルモンなんです。

コレステロールがエストロゲンの出来る元になる

体内に入ったコレステロールは、酵素の働きで「プレグネノロン」という物質に変化するようです。このプレグネノロンは卵巣に運ばれると女性ホルモン「プロゲステロン」に変化します。プロゲステロンが代謝されるとDHEAというホルモンが作られます。このDHEAがエストロゲンの元になる、ということのようなのです。

つまり体内に入ったコレステロールは次々に変換され、最後にはエストロゲンになるわけです。このようにコレステロールがなければエストロゲンが作られないということになります。

どれくらい摂ればいいの?

それでは一日あたりどれくらいのコレステロールを摂れば良いのでしょうか?また、摂る時の注意点や、どのような食べ物に含まれているのかを見ていきましょう。

一日あたりの摂取量は?

一般的に一日あたりのコレステロールの摂取量は500〜600mg程度が良い、と言われています。ただし、食物から摂るコレステロールは1日の総コレステロール量のわずか2〜3割でしかないため、厚生労働省による基準からは、1日のコレステロールの上限摂取量が撤廃されています。摂り過ぎを心配する人は500〜600mg程度に抑えておいたほうが良いでしょう。

どんな食べ物に含まれているのか

コレステロールは卵や動物の肝、油などに多く含まれています。

 

【コレステロールの豊富な食材】

  • 卵黄:1,400mg
  • するめ:980mg
  • たたみいわし:710mg
  • 桜えび:700mg
  • ピータン:680mg
  • フォアグラ:650mg
  • にぼし:550mg
  • あん肝:560mg
  • すじこ:510mg
  • キャビア:500mg
  • いくら:480mg
  • うずらの卵(生):470mg
  • うなぎの肝:430mg
  • たまご:420mg
  • 焼きタラコ:410mg
  • しらす干し:390mg
  • 焼きイカ:380mg
  • 鶏レバー:370mg
  • しらこ:360mg
  • 生たらこ:350mg
  • うに:290mg

※食材100gあたりの含有量

コレステロールが不足するとどうなるか

コレステロールはホルモンを作るだけでなく、細胞膜を作ったり、脂肪の消化を助ける胆汁酸のもとになったりすると言われています。そのため、コレステロールが不足すると細胞膜が弱くなることがあるようです。

細胞膜は人間の全ての細胞に含まれており、細胞膜を通じて細胞の内外でのエネルギーや栄養素を交換しているのです。そのためコレステロール不足によって免疫力が低くなってしまったり、血管が弱くなってしまったりするようです。もちろん、ホルモンバランスが崩れるということも考えられるのです。

注意したいことは?

不足しないようにすることも大切ですが、悪玉コレステロールが多くなってしまわないように気をつけておきたいところです。悪玉コレステロールを減らすには、アジやイワシ、サンマ、サバなどの青魚を多く食べると良いですね。

青魚に含まれるDHAやEPAは悪玉コレステロールを減らすという働きがありますし、中性脂肪まで下げてくれるというありがたい効果もあります。熱することでDHAやEPAが溶け出してしまうことがあるので、刺し身などで食べるようにすると良いでしょう。

まとめ

コレステロールはバストアップに欠かせない成分であることがわかりましたね。コレステロールは決して悪いものではないんです。体にとっては必要な栄養分ですから、肉類や卵などを恐れずにしっかり摂りましょう。

ただし悪玉コレステロールを減らすということも大切ですから、青魚も食生活に積極的に取り入れていくといいですね。バストアップは日常の食生活を見直すことでも効果が出てくる場合がありますので、まずはしっかりとバランスの取れた食生活をしていきましょう。